安心、満足、喜びのある商材の提供を目指します

躯体の断熱・気密性を優先して考える理由

建物の省エネルギー化は、さまざまな方法があります。

省エネルギーの『ものさし』として使用される『一次エネルギー消費量』は、断熱性能、日射性能、冷房、暖房、給湯、換気、照明、発電と言った大きく建物本体の性能とそれに付随する設備性能の2つに分かれます。

エネルギー消費量の削減のみを考えれば、『効率』の高い設備を導入すれば容易に消費量の削減をすることが出来ますが、建物に住む人の快適性を考えると疑問符が付きます。

建物の断熱・日射性能は冷房・暖房負荷に大きく関係し、省エネルギーとともに暑い、寒いなど住む人の『健康・快適性』に直接影響を与えます。

そこで弊社では、セルロースファイバーの断熱・気密に加え、調湿、防音、防火、防虫と言った安心・安全・快適が備わった材料で、健康・快適性を考えた省エネルギーの提案を『断熱設計』として行っております。

健康・快適性を考えて夏、冬室内温度何℃で生活したいか?

『快適に生活する温度』向けた最適な提案を行っております。

その基本となるのが『躯体の断熱・気密』です。

この断熱・気密は、建物の熱収支において必要な基本エネルギー量を減らす=支出の基本量に値することから最も重要と考えます。

また、この基本量は、一度建物を建ててしまうと設備機器のように簡単には取り換えができません。

日射取得熱、生活熱、家電等からの熱の収入は安定して見込むことが困難です。

収入を目当てにする前に、確実に支出を減らす考え方が、断熱・気密を優先して考える理由になります。

【健康・快適を考えた省エネルギーの考え方】

躯体の断熱・気密性を高める【基本量(支出)を減らす】
日射取得などの検討    【収入を増やす】
設備性能の検討       【効率でより支出減らす】
住まい手による省エネの提案 【季節、時間でシャッタ-を閉める、通風を行うなどで更に減らす】
その土地の気温、卓越風、日射量などの気候、周辺建物の状況、基本となる断熱・気密性能、設備性能、住まい手による省エネの提案また、それにかかるイニシャルコスト、ランニングコスト検討とさまざまな状況を考えたお客様とって最適な提案が出来るように努めています。

健康・快適性を考えた『快適温度』に向けた省エネルギーの方法は無数にあります。

建物の数だけそれぞれ条件が異なるためすべて違います。

今後弊社の取り組みの『断熱設計』についてご紹介したいと思います。