安心、満足、喜びのある商材の提供を目指します

タープホイル遮熱シート

遮熱シートのタープホイルは省エネルギー製品です。

web-image-2

建物に使われている材料の多くは、放射熱をよく吸収し、吸収した熱を再び放射します。

日中に屋根や外壁、さらに屋根裏、天井、壁が持った熱は、室内に放射され続けます。

遮熱シートは太陽からの放射エネルギーのほとんどをカットして、熱放射による温度の上昇を抑えることで優れた遮熱効果を発揮します。

タープホイルのメリット

タープホイルは放射熱を97%反射しますので、下記のようなメリットがあります。

with-without

  • 冷暖房費が大幅に軽減されます。
  • 移住空間の快適さがアップします。
  • 家庭でのエネルギー消費の効率が高まります。
  • 冬場は暖かさが持続されます。
  • 夏季は太陽の熱をシャットアウトします。

他製品に対するタープホイルの優位性

【気泡タイプ遮熱シートと比べて】

  • 破れにくさが、格段にちがいます
  • キズがつきません
  • あらゆる場所への施工性が良い
  • より耐久性があります

【グラスファイバーと比べて】

  • カビや菌の温床となることがありません
  • 時間の経過に伴う劣化がありません
  • 皮膚への炎症の心配がありません
  • 害虫やネズミの繁殖がありません

では、実際にタープホイルの性能をいくつかの実験でご覧下さい。

サーモカメラによる検証

サーモカメラによる検証
遮熱シートタープホイル
専用サイトへ

実験モデルによる遮熱テスト

実験モデルによる遮熱テスト
遮熱シートタープホイル
専用サイトへ

遮熱シートタイプ

遮熱シート5層標準タイプ(アルミホイル両面)

タープホイルは、芯材をポリエチレン織布とした三層構造を持ち、他にはない強度と耐久性を併せ持っています。
また、タープホイルはASTM E-84試験で、クラス1、クラスAの優れた防火性能があることも証明されています。

防水タイプ(水蒸気や空気の流入バリヤが必要な時)と透湿タイプ(湿気をこもらせず、通気性を確保したい時)の2種がありますので、用途に応じて使い分けができます。

TA7201NR-6

TA7201NR-6
サイズ:厚さ0.17mmx1.22mx60m

TAP7201NR-6

TAP7201NR-6
サイズ:厚さ0.17mmx1.22mx60m

遮熱シート3層エコノミータイプ(アルミホイル方面)

  • アルミニウムの純度は、従来品同様の99.45%
  • 放射熱も96%反射します。
  • ローコストで快適な住空間が創れます。
  • 防水タイプと透湿タイプの2種類があります。
  • アルミホイルは片面のみです。
TA7101NR-6new

TA7101NR-6
サイズ:厚さ0.12mmx1.22mx60m

TAP7101NR-6 サイズ:厚さ0.12mmx1.22mx60m

TAP7101NR-6
サイズ:厚さ0.12mmx1.22mx60m

タープホイルの施工ポイント

①野地板表面に施工

ss_seko01_210

最も効果的な施工方法で新築にオススメ!

②垂木下端に施工

ss_seko02_210

板金屋根など屋根で通気が取れない場合、既存建物でも施工可能!

③断熱材の上に施工

ss_seko03_210

最も簡易的な方法で効果が体感できます。リフォーム、DIYに最適!

ご注意 タープホイルの片面は、必ず19mm以上の空気層を設けてください。

タープホイル遮熱シート施工要領(印刷用)

タープホイルは施工が簡単、アイデア次第で色々な使い方が可能です。

tarpfoil_app_Factory_small

タープホイルは、縫製も可能ですので、倉庫や工場などの広範囲に及ぶ施工面への施工も容易に行うことができ、仕上がりもとてもきれいです。

タープホイルはシート貼るだけなので施工が簡単です。リフォームDIYにも対応可能です。
また、簡単に家庭の断熱性能を高めることもできます。

防水タイプと透湿タイプの2種類がありますので、用途により使い分けができます
・シートのジョイント等にお使いいただける専用テープもあります。

鶏舎や豚舎などの畜舎へ施工することにより、ヒートストレスが軽減され生産性がアップします。

遮熱シート

タープホイル遮熱シート

almijutopタープホイルは反射型アルミ遮熱シートで、省エネルギー製品です。

遮熱シートは太陽からの放射エネルギーのほとんどをカットして、熱放射による温度の上昇を抑えることで優れた遮熱効果を発揮します。

tarpfoil_roof_smallタープホイルは放射熱を97%反射します。また、厚さ0.17mmと超薄型で、シートを貼るだけなので、リフォームやDIYにも対応できます。

防水タイプと透湿タイプの2種類がありますので、用途により使い分けができます。
シートのジョイント等にお使いいただける専用テープもあります。