安心、満足、喜びのある商材の提供を目指します

セルロースファイバー断熱材のメリット

セルロースファイバー断熱材には、他の断熱材にはない優れた性能があります。
個々の断熱材が備えている性能を一覧表にしてみました。

セルロースファイバー断熱材の持つ優れた性能を個別に紹介させていただきます。

一覧表下段の各性能のアイコンをクリックして、詳細をご確認下さい。

また、セルロースファイバー断熱材InCide PCには特筆すべき高い安全性があります。
品質の高さと併せてご確認下さい。

断熱材
1 2 3 4 5 6 7
断熱
遮音
吸音
調湿
耐火
防カビ
防虫
セルロースファイバー
グラスウール
×
×
×
×
ロックウール
×
×
×
ポリスチレンフォーム
×
×
×
×
×
×
ウレタンフォーム
×
×
×
×
×
×

セルロースファイバー断熱材の断熱効果

断熱効果

セルロースファイバー断熱材は他のファイバー系断熱材より断熱性能が高いだけでなく、吹き込み施工を行うため、セルロースファイバーを隙間、偏りなく隅々まで充填することができ、断熱・防音の性能をいかんなく発揮します。

コロラド州の建築大学(デンバー大学)では、セルロースファイバーとグラスファイバーの実際の断熱性能を試験し、以下の結果を得ました。
セルロースファイバー断熱材使用の建物は、グラスウール断熱材使用の建物に比べ、暖房のためのエネルギー消費が26.4%少なくすむ。

セルロ-スファイバー断熱材は、グラスウール断熱材より、性能が約4割優れている。

以上のような結果から、寒冷地など気候の厳しい土地ではセルロースファイバー断熱材のメッリトはさらに顕著に現れるであろうと言っています。

The Colorado Study(英文)

セルロースファイバーは、様々な太さのセルロースファイバーが絡み合う事で、無数の空気層を作り出します。
fiber
また、繊維1本1本の中にも空気層があります。この二重構造の空気層が、高い断熱性能を引き出します。さらに、この二重構造が、高い吸音性能にもつながるのです。

断熱性能データ

セルロースファイバー断熱材の防音(吸音・遮音・防振)

リバーバンク音響研究所におけるフルスケールの壁の音伝達等級検査において、”セルロースファイバー断熱材を施工した壁は、隣接する部屋間の伝達音量を効果的に低減する”ということが立証されました。

通常の断熱材を施した壁を簡単に通ってしまう高周波の音も、InCide PCセルロースファイバー断熱材は、セルロースファイバーの多孔性と高密度充填によって通さず、高い吸音効果によって、注目すべき”静寂さ”を得ることができる断熱材です。

InCide PCセルロースファイバー断熱材は、一般の戸建住宅のみならず、アパート・マンション・オフィス・ホテル等の事業用建物にも有効にご使用頂けます。

防音性能データ

セルロースファイバー断熱材の調湿・結露防止

アメリカやイギリスなどの諸外国に比べ、日本の木造建築の寿命の短さには顕著なものがあります。
この原因の主たるものが”結露”です。

drop

そもそも結露のもとは、空気中の水蒸気。水蒸気は気温が下がることによって飽和状態になり、結露となるのです。つまり水蒸気のあるところならどこでも結露の発生する可能性があるのです。

それでは、結露を防ぐにはどうすればよいのでしょうか?

室内の水蒸気を抵抗なく、躯体内を通過させれば結露は発生しないのです。言い換えれば「透湿させれば、結露はしない」のです。

InCide PCは、リサイクル新聞紙で作られているため、無数の多孔性のセルロースファイバーが含まれています。
この多孔性により、セルロースファイバーは、周辺の湿度が高くなれば湿気を吸収し、周辺の湿度が下がれば湿気を放出します。
セルロースファイバーは空気の50倍近い密度を持ち、飽和状態で重量比20%以上の水蒸気を含むことができます。これは空気に比べて重量比で10~20倍、体積比で500~1000倍に相当します。
室内側の下地材の透湿抵抗をグラスウールを使う場合に比べて小さくすることで、室内の過乾燥と多湿を平準化できます。

InCide PCは、独自の実験の結果、重量比で15%まで吸湿しても、その性能が低下することはないとの結果を得ています。

具体的に見てみましょう。
例えば:35坪程度の木造住宅であれば:

セルロースファイバー断熱材使用量:約1,050kg
水蒸気量:1,050kg x 15% = 158kg

158kgの水蒸気を、ほぼ一瞬で吸放出して、湿度を一定に保ちます。

一般住宅で1日に放出される水蒸気量は、7~10kgと言われています。
セルロースファイバーを使用した場合、壁体内で結露水が発生することは、まず考えられません。

セルロースファイバー断熱材の防虫性能

photo_termites
セルロースファイバー断熱材【InCide PC】の特筆すべき特徴は、高い防虫効果です。

これはInCide PCのみの特徴で、米国では害虫駆除断熱材として登録および認可を受けている唯一の断熱材です。

日本でもホウ酸団子がゴキブリ駆除に有効であることは広く知られていますが、InCide PCセルロースファイバーは害虫駆除試験において、99.7%ものゴキブリ駆除という高い結果数値にて証明を得ています。その他のアリやシロアリにも同様の効果があります。

no_bugs
bouchu_photo

セルロースファイバー断熱材の防カビ性能

セルロースファイバー断熱材【InCide PC】はカビを防ぎます。
Moldy-Sheet-rock
ここ数十年で、建築科学や建築技術は変化してきています。建築家や建築主は高気密にすることに努力してきました。これは、現在の家屋がカビに対して有効になっているといえるでしょうか。”NO”です。

カビの胞子はとても小さく、たえず至る所に存在します。屋内、屋外、新築だろうとなかろうと、カビはあらゆる建築物の中で非常によく見られるもので、条件さえ整えばどこにでも発生します。

幸いなことは、ほとんどのカビは人体やペットには害がないことですが、建築物にはダメージを与えます。木製建築部材はその菌により、腐朽されていきます。

InCide PCセルロースファイバーは、ボロン#10(Boron #10)という、独自に開発したホウ酸化合物を23%含んでいます。このボロン#10により、防虫や防カビ、さらに防火に高い効果を発揮します。

23%と聞くと、とても高い含有率だと感じるかもしれません。しかし、InCide PCに含まれるボロン#10は一般の食卓塩より6倍も安全なのです。

ボロン#10製品安全データシート