安心、満足、喜びのある商材の提供を目指します

断熱バランスについて

建物の断熱性能は、UA、Q値など屋根・天井、壁、開口部、床・基礎など建物全体の性能を平均した値で評価されています。

屋根・天井、壁、開口部、床・基礎などそれぞれの各部位でどのくらいの断熱が必要でしょうか?

目安になるのが、フラット35S(住宅金融支援機構)の省エネルギー性(断熱等級4:仕様規定)に省エネ地域区分別の各部位の『必要な熱抵抗値』があります。

フラット35S(省エネルギー性:断熱等級4)必要な熱抵抗値

屋根、天井部と壁で必要な熱抵抗を比較してみると屋根・天井は壁の約2倍以上の抵抗が必要となっています。(基準値となりますので『健康・快適性』を考えるとより高い断熱性能が必要になります。)

それは、建物の断熱性能ともう一つの評価の『日射熱』が関係してきます。

夏の日射は、壁(垂直面)よりも屋根、天井(水平面)の方が日射の影響が大きく、屋根・天井の断熱を高めることにより日射熱取得量を小さくする効果がとても大きいので室温のピークを下げる方向に働きます。もちろん冬にも有利なので屋根(天井)の断熱性能を高めれば高めるほど良いということになります。

一方壁は、断熱による日射遮蔽効果もありますが、屋根・天井ほどに大きくなく、断熱性能を高めることによって生まれる保温性という逆効果になることも考えられます。

このようなことから屋根・天井の断熱は、壁より重要でより高い断熱性が必要となっています。

もう一つの考えとして日射の影響を一番受ける屋根部分の熱対策として『遮熱』があります。

弊社でもアルミ遮熱シートの取り扱いをしております。材料コストが低く、施工も簡単で効果も大きいことから好評で断熱と組み合わせて標準仕様とされる会社様が大変多い状況です!

遮熱材:アルミ遮熱シート『タープホイル』の情報はこちら

建物全体の断熱性能も重要ですが、前提として各部位の断熱バランスの検討、確認が必要になります。

よくあるケースとして夏場に2階へ階段を登る途中、急激に蒸し暑さを感じることがあります。このような場合、屋根、天井の断熱不足が考えられます。

IPP『断熱設計』では、各建設地の気候などの地域特性を考慮し各部位の断熱性のバランス、断熱、気密、通気、防湿、防風などの基本に加え、健康・快適を考えた室内温度に着目した取り組みに設備を含めた総合的なご提案をさせていただいております。

ご興味の方は、お問い合わせ下さい♪

Q:セルロースファイバー断熱材の施工精度は?

断熱材のもっとも重要な要因として施工精度が挙げられますが、セルロースファイバー断熱材の施工精度はどれほどなのでしょうか。

DSCF4578 A:”百聞は一見にしかず” 壁体対流実験を行いました。

セルロースファイバーは隅々まで均一に断熱施工ができ十分な性能を発揮できる!と言われていますが、実際本当なのでしょうか?

グラスウールとセルロースファイバーで比較対流実験を行いました。

 

 

実験日:2015年7月29日(水)  時間:午前8時開始  天候:晴れ、室温:30℃、サーモカメラ FIIR T640

実験場所:名古屋市名東区事務所内

実験概要

壁体に下から白熱灯の自然対流の熱が壁体内に与える影響を表面温度をサーモカメラ、内部をセンサ温度計にて10分、20分、30分、60分後の温度を計測。

驚きの実験結果についてはこちら⇒セルロースファイバーVSグラスファイバー

目で見てわかる遮熱の効果!高性能遮熱シートの比較実験資料、動画を公開中!

有限会社I.P.P.では反射型アルミ遮熱シート「タープホイル」を安心してご使用頂くために各種遮熱テストを行なっております。

今回の実験の課題は、【比較実験:遮熱材の有り、無しではどれだけの熱の移動を抑えることができるか】です。

お湯からの熱の放射を、遮熱材の有無で通過した表面温度に、どれだけ違いがあるかをサーモカメラを使用して実験を行ないました。

開始後数分で、その温度差がサーモカメラではっきり確認できます。

放射熱対策の「遮熱」は、断熱と組み合わせることによって、より効果を発揮することができます!

屋根や外壁にタープホイルを使用することで、快適な居住空間となり、省エネルギー住宅を造ることが可能となります

比較実験結果はこちら⇒タープホイル遮熱実験

比較実験動画はこちら⇒実験動画

セルロースとグラスウールの防火実験

InCide PC断熱材とそのグラスウール断熱材とを比べた場合はどうでしょうか。

難燃性の比較動画をご覧下さい

セルロースファイバー断熱材と他社のセルロースファイバー難燃性比較

InCide PC断熱材とその他のセルロースファイバー断熱材とを比べた場合はどうでしょうか。

着火試験による耐火性能の比較

バーナーで900度以上の火を5分間あててみました。

InCide PCセルロースファイバー

InCide PCセルロースファイバー

InCide PCセルロースファイバー

InCide PCセルロースファイバー

hikakuincide2

InCide PCセルロースファイバーは、表面が炭化するだけで引火はしません。

他社セルロースファイバーは引火し、燃えています。

他社セルロースファイバーは引火し、燃えています。

5分経過の後

hikakuincide3

InCide PCセルロースファイバーは、表面が炭化したのみで、中にはダメージがみられません。

他社セルロースファイバーは、くすぶり煙がでています。

他社セルロースファイバーは、くすぶり煙がでています。

拡大してみました。内側のセルロースファイバーはきれいなままです。

拡大してみました。内側のセルロースファイバーはきれいなままです。

セルロースファイバーのほとんどが燃えて炭化し、原型をとどめていません。

セルロースファイバーのほとんどが燃えて炭化し、原型をとどめていません。

InCide PCセルロースファイバーは、火にさらされても表面が炭化するのみで引火せず、酸素の供給をストップさせ、火が燃え広がるのを防ぎます。
InCide PCセルロースファイバーには、優れた耐火性能があります。