安心、満足、喜びのある商材の提供を目指します

Q:セルロースファイバー断熱材の施工精度は?

断熱材のもっとも重要な要因として施工精度が挙げられますが、セルロースファイバー断熱材の施工精度はどれほどなのでしょうか。

DSCF4578 A:”百聞は一見にしかず” 壁体対流実験を行いました。

セルロースファイバーは隅々まで均一に断熱施工ができ十分な性能を発揮できる!と言われていますが、実際本当なのでしょうか?

グラスウールとセルロースファイバーで比較対流実験を行いました。

 

 

実験日:2015年7月29日(水)  時間:午前8時開始  天候:晴れ、室温:30℃、サーモカメラ FIIR T640

実験場所:名古屋市名東区事務所内

実験概要

壁体に下から白熱灯の自然対流の熱が壁体内に与える影響を表面温度をサーモカメラ、内部をセンサ温度計にて10分、20分、30分、60分後の温度を計測。

驚きの実験結果についてはこちら⇒セルロースファイバーVSグラスファイバー

目で見てわかる遮熱の効果!高性能遮熱シートの比較実験資料、動画を公開中!

有限会社I.P.P.では反射型アルミ遮熱シート「タープホイル」を安心してご使用頂くために各種遮熱テストを行なっております。

今回の実験の課題は、【比較実験:遮熱材の有り、無しではどれだけの熱の移動を抑えることができるか】です。

お湯からの熱の放射を、遮熱材の有無で通過した表面温度に、どれだけ違いがあるかをサーモカメラを使用して実験を行ないました。

開始後数分で、その温度差がサーモカメラではっきり確認できます。

放射熱対策の「遮熱」は、断熱と組み合わせることによって、より効果を発揮することができます!

屋根や外壁にタープホイルを使用することで、快適な居住空間となり、省エネルギー住宅を造ることが可能となります

比較実験結果はこちら⇒タープホイル遮熱実験

比較実験動画はこちら⇒実験動画

セルロースファイバー断熱材の調湿・結露防止

アメリカやイギリスなどの諸外国に比べ、日本の木造建築の寿命の短さには顕著なものがあります。
この原因の主たるものが”結露”です。

drop

そもそも結露のもとは、空気中の水蒸気。水蒸気は気温が下がることによって飽和状態になり、結露となるのです。つまり水蒸気のあるところならどこでも結露の発生する可能性があるのです。

それでは、結露を防ぐにはどうすればよいのでしょうか?

室内の水蒸気を抵抗なく、躯体内を通過させれば結露は発生しないのです。言い換えれば「透湿させれば、結露はしない」のです。

InCide PCは、リサイクル新聞紙で作られているため、無数の多孔性のセルロースファイバーが含まれています。
この多孔性により、セルロースファイバーは、周辺の湿度が高くなれば湿気を吸収し、周辺の湿度が下がれば湿気を放出します。
セルロースファイバーは空気の50倍近い密度を持ち、飽和状態で重量比20%以上の水蒸気を含むことができます。これは空気に比べて重量比で10~20倍、体積比で500~1000倍に相当します。
室内側の下地材の透湿抵抗をグラスウールを使う場合に比べて小さくすることで、室内の過乾燥と多湿を平準化できます。

InCide PCは、独自の実験の結果、重量比で15%まで吸湿しても、その性能が低下することはないとの結果を得ています。

具体的に見てみましょう。
例えば:35坪程度の木造住宅であれば:

セルロースファイバー断熱材使用量:約1,050kg
水蒸気量:1,050kg x 15% = 158kg

158kgの水蒸気を、ほぼ一瞬で吸放出して、湿度を一定に保ちます。

一般住宅で1日に放出される水蒸気量は、7~10kgと言われています。
セルロースファイバーを使用した場合、壁体内で結露水が発生することは、まず考えられません。

セルロースとグラスウールの防火実験

InCide PC断熱材とそのグラスウール断熱材とを比べた場合はどうでしょうか。

難燃性の比較動画をご覧下さい

タープホイルのメリット

タープホイルは放射熱を97%反射しますので、下記のようなメリットがあります。

with-without

  • 冷暖房費が大幅に軽減されます。
  • 移住空間の快適さがアップします。
  • 家庭でのエネルギー消費の効率が高まります。
  • 冬場は暖かさが持続されます。
  • 夏季は太陽の熱をシャットアウトします。

他製品に対するタープホイルの優位性

【気泡タイプ遮熱シートと比べて】

  • 破れにくさが、格段にちがいます
  • キズがつきません
  • あらゆる場所への施工性が良い
  • より耐久性があります

【グラスファイバーと比べて】

  • カビや菌の温床となることがありません
  • 時間の経過に伴う劣化がありません
  • 皮膚への炎症の心配がありません
  • 害虫やネズミの繁殖がありません

では、実際にタープホイルの性能をいくつかの実験でご覧下さい。

サーモカメラによる検証

サーモカメラによる検証
遮熱シートタープホイル
専用サイトへ

実験モデルによる遮熱テスト

実験モデルによる遮熱テスト
遮熱シートタープホイル
専用サイトへ