安心、満足、喜びのある商材の提供を目指します

断熱バランスについて

建物の断熱性能は、UA、Q値など屋根・天井、壁、開口部、床・基礎など建物全体の性能を平均した値で評価されています。

屋根・天井、壁、開口部、床・基礎などそれぞれの各部位でどのくらいの断熱が必要でしょうか?

目安になるのが、フラット35S(住宅金融支援機構)の省エネルギー性(断熱等級4:仕様規定)に省エネ地域区分別の各部位の『必要な熱抵抗値』があります。

フラット35S(省エネルギー性:断熱等級4)必要な熱抵抗値

屋根、天井部と壁で必要な熱抵抗を比較してみると屋根・天井は壁の約2倍以上の抵抗が必要となっています。(基準値となりますので『健康・快適性』を考えるとより高い断熱性能が必要になります。)

それは、建物の断熱性能ともう一つの評価の『日射熱』が関係してきます。

夏の日射は、壁(垂直面)よりも屋根、天井(水平面)の方が日射の影響が大きく、屋根・天井の断熱を高めることにより日射熱取得量を小さくする効果がとても大きいので室温のピークを下げる方向に働きます。もちろん冬にも有利なので屋根(天井)の断熱性能を高めれば高めるほど良いということになります。

一方壁は、断熱による日射遮蔽効果もありますが、屋根・天井ほどに大きくなく、断熱性能を高めることによって生まれる保温性という逆効果になることも考えられます。

このようなことから屋根・天井の断熱は、壁より重要でより高い断熱性が必要となっています。

もう一つの考えとして日射の影響を一番受ける屋根部分の熱対策として『遮熱』があります。

弊社でもアルミ遮熱シートの取り扱いをしております。材料コストが低く、施工も簡単で効果も大きいことから好評で断熱と組み合わせて標準仕様とされる会社様が大変多い状況です!

遮熱材:アルミ遮熱シート『タープホイル』の情報はこちら

建物全体の断熱性能も重要ですが、前提として各部位の断熱バランスの検討、確認が必要になります。

よくあるケースとして夏場に2階へ階段を登る途中、急激に蒸し暑さを感じることがあります。このような場合、屋根、天井の断熱不足が考えられます。

IPP『断熱設計』では、各建設地の気候などの地域特性を考慮し各部位の断熱性のバランス、断熱、気密、通気、防湿、防風などの基本に加え、健康・快適を考えた室内温度に着目した取り組みに設備を含めた総合的なご提案をさせていただいております。

ご興味の方は、お問い合わせ下さい♪

断熱と健康・快適について

省エネルギーにおいて大前提となることが『住む人の健康』と言う観点からの理由です。

「改正省エネ基準」では、建物全体の省エネルギー性能を評価する『一次エネルギー基準』と断熱性能を評価する『外皮性能』の2つの基準が設定されています。

外皮基準を定めている理由は「家の中全体を10℃以下にしない」ことで「結露」や「ヒートショック」を防止するという意味で、省エネルギーの前に温熱環境として最低ラインを維持させる目的で外皮性能の評価があります。

この基準には、『温度』・『健康』という内容が含まれていることは知っていましたか?

日本のように寒さに対して我慢の生活をしている状況では、断熱はまずは健康を守るために必要なこととしての考えからです。

『断熱=省エネルギー』の前に『断熱=健康を考えた生活温度の維持』が前提にあることをまず理解しなければいけませんね。

交通事故死者より圧倒的に多い『寒さ』による事故死、寒さによる病気による高齢者の今後の医療費の問題などから国も断熱と健康についてさまざまな取り組みを行っています。断熱と健康に関する内容はさまざまなところで書かれてます。

冬を暖かく過ごして健康を維持(ヒートショックから身を守る)

断熱リフォームの効果

断熱改修と健康に関するデータ

ドイツなどでは『温度は人権』と言うくらいに家の中の温度に対しての意識があり、『健康・快適』に直接結びついていることをしっかり理解しています。

一方日本は、家の中の温度に関しては劣悪な環境です。寒くても我慢してしまいます。

最低温度が10℃というのは、ヒートショックへの対応や結露防止など健康を守る上での最低基準の温度です。それを確保する省エネ基準もまた最低限と言えます。

そこで弊社での取り組み『断熱設計』では、健康・快適の観点からその家で何℃で生活がしたいのか?『生活温度』に着目した断熱設計を行っています。

地域特性を考え熱収支を考え少ないエネルギー負担で目標とする生活温度を達成させる提案を行っています。

その健康・快適について考えた場合、『セルロースファイバー』の均一な断熱性、気密性、調湿、防火、防音、防虫性能など多くの優れた性能が欠かすことができません。

家の住環境が原因による事故、病気による支出を減らすことにもつながります。

2020年省エネルギー基準義務化については知られていますが、最近では、より高い断熱基準の変更やZEH(ゼロ・エネルギー住宅)の普及率50%目標など2020年に向けてより高い住宅の性能を求めた提案もされているのも事実です。

今後急速に加速していく省エネルギーは、エネルギーの削減、光熱費の削減などの前に『住む人の健康・快適』があることを忘れてはいけませんね。

弊社でも『目標とする生活温度』に向けたセルロースファイバーを使用した断熱設計の取り組みにより住まい手に健康・快適を提供できるように努めていきます。

ご興味のかある会社様はお問い合わせ下さい。

今年も役に立つ情報をもっと多く掲載できるように努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

関連記事 躯体の断熱・気密性を優先して考える理由

躯体の断熱・気密性を優先して考える理由

建物の省エネルギー化は、さまざまな方法があります。

省エネルギーの『ものさし』として使用される『一次エネルギー消費量』は、断熱性能、日射性能、冷房、暖房、給湯、換気、照明、発電と言った大きく建物本体の性能とそれに付随する設備性能の2つに分かれます。

エネルギー消費量の削減のみを考えれば、『効率』の高い設備を導入すれば容易に消費量の削減をすることが出来ますが、建物に住む人の快適性を考えると疑問符が付きます。

建物の断熱・日射性能は冷房・暖房負荷に大きく関係し、省エネルギーとともに暑い、寒いなど住む人の『健康・快適性』に直接影響を与えます。

そこで弊社では、セルロースファイバーの断熱・気密に加え、調湿、防音、防火、防虫と言った安心・安全・快適が備わった材料で、健康・快適性を考えた省エネルギーの提案を『断熱設計』として行っております。

健康・快適性を考えて夏、冬室内温度何℃で生活したいか?

『快適に生活する温度』向けた最適な提案を行っております。

その基本となるのが『躯体の断熱・気密』です。

この断熱・気密は、建物の熱収支において必要な基本エネルギー量を減らす=支出の基本量に値することから最も重要と考えます。

また、この基本量は、一度建物を建ててしまうと設備機器のように簡単には取り換えができません。

日射取得熱、生活熱、家電等からの熱の収入は安定して見込むことが困難です。

収入を目当てにする前に、確実に支出を減らす考え方が、断熱・気密を優先して考える理由になります。

【健康・快適を考えた省エネルギーの考え方】

躯体の断熱・気密性を高める【基本量(支出)を減らす】
日射取得などの検討    【収入を増やす】
設備性能の検討       【効率でより支出減らす】
住まい手による省エネの提案 【季節、時間でシャッタ-を閉める、通風を行うなどで更に減らす】
その土地の気温、卓越風、日射量などの気候、周辺建物の状況、基本となる断熱・気密性能、設備性能、住まい手による省エネの提案また、それにかかるイニシャルコスト、ランニングコスト検討とさまざまな状況を考えたお客様とって最適な提案が出来るように努めています。

健康・快適性を考えた『快適温度』に向けた省エネルギーの方法は無数にあります。

建物の数だけそれぞれ条件が異なるためすべて違います。

今後弊社の取り組みの『断熱設計』についてご紹介したいと思います。

省エネルギーにおける『熱収支』について

省エネルギーにおいての熱収支を考える事は、プラスに働く熱を増やし、マイナスに働く熱を減らすことにより、少ないエネルギーで健康・快適性を得て経済的な負担を減らすことが目的となります。

まず、建物においてプラス・マイナスに働く「熱」について考えてみましょう。

日本は、夏の暑さ、冬の寒さを含めた四季があり、地域によって気候状況も大きく異なりますが大きく夏、冬について考えます。

【プラス要素】

・断熱気密性能(熱の侵入を抑える)

・夜間の通風(室内の熱の排出)

【マイナス要素】

・日射取得(日射熱におよる室温上昇)

・換気(3種)(換気による冷気の排出)

・蓄熱

・人、家電からの発熱(室温上昇)

理想:断熱気密性能を高め外気の熱の侵入を抑える。

日射を遮蔽して日射熱による温度上昇を抑える。

夜間の通風を利用して排熱を行うなど。

【プラス要素】

・断熱気密、蓄熱性能(熱の流出を抑える)

・日射取得(日射熱におよる室温上昇)

・人、家電からの発熱(室温上昇)

【マイナス要素】

・換気 (換気による熱損失)

・漏気 (漏気による熱損失)

理想:断熱気密性能を高め室内の熱を逃がさない。

日射を取得し日射熱を得る。

建物の蓄熱性能を高めるなど。

熱収支を考えるポイント

①建物本体の断熱気密性能が基本

夏冬の理想を考えた場合、建物本体の断熱気密性能は熱収支の量を考える基本となり最も重要となります。

この性能は、一度建ててしまってからは簡単に変えることができなく、費用負担も大きなものになります。

②日射取得、遮蔽策両方考慮が必要!

日射においては、夏と冬では全く逆の働きになります。

日射取得、遮蔽は開口部によるものです。

開口部の他と異なる大きな特徴は、光、熱、風を「可変・調整」することができる事です。

この特徴をよく理解し上手く活用することが重要になってきます。

取得、遮蔽は、ガラスの種類による日射熱取得率、軒、庇の出幅、袖壁など固定された建物による手法とレース・カーテン、オーニング、外付ブラインド、すだれなど住まい手による手法があります。一方的な偏りがない両立した考慮が必要になります。

③その建設地の気候、日射量、卓越風向などの地域特性、周辺、隣接建物の状況も重要

建物は全く何もない状況下に一件単独で建っているわけではありません。

気候、外気の温度によって断熱性能をどこまで高めるべきか?集熱開口部は、方位、近隣建物を含め十分見込めるか?卓越風の方向?などこれらの要因をしっかり検討、考慮することが実質を考える上で重要になります。

※注意したいこと

『あくまでも家を建てる施主が主役!』

住宅を建てるにあたって施主の希望、要望はさまざまです。

・予算(建築費用、総額)

・プラン(大きさ、デザイン、趣味)

・設備(キッチン、浴室)

・性能(断熱、省エネ)

 

熱収支、省エネルギー性は、家を建てるにあたって主役ではありません。

施主の希望、要望を満たす建物に設計者、家を建てる建築会社は基本性能、地域特性、近隣状況、ライフスタイル、イニシャルコスト、ランニングコストを含めて考慮し、一方的ではなく、無理のない最良の省エネルギー方策を検討、提案することが今後の家づくりの基本となってくると思います。

 

熱収支をコントロール、バランスを考えることは容易なことではありません。

さまざまな要因が複雑に関連して成り立ちます。

夏、冬の日射熱利用によるダイレクトゲイン、オーバーヒート、日射遮蔽優先による明るさ不足など一つバランスが崩れると想定通りになくなってしまいます!

とても難しいことですが、これが本来あるべき家づくりと思います。

今後これらに関連した内容についてご紹介させていただきます。

 

関連資料:経済産業省 資源エネルギー庁HP 『住宅による省エネルギー』

セルロースファイバーの『調湿性能』について

セルロースファイバーは、断熱材の用途以外にも調湿性、防火性、防虫性、防音性など大変多くの性能を併せ持った優れた材料です。

今回は、『調湿性能』について書きたいと思います。

調湿性能とは、空気中の水蒸気を温湿状況に応じて均一化を保つために吸湿したり、放湿したりする湿気(水蒸気)に関係することです。

人や建物にとっての健康・快適性、耐久性を考える上で温度と共に湿度(水蒸気量)が大きく影響をしてきます。

健康・快適性、耐久性を阻害する要因として結露、カビ、ダニの繁殖、木材腐朽菌による腐り、高湿度による不快感などはすべて温度に付随した湿気(水蒸気量)が原因になります。

主に原因となる結露は、温度と水蒸気量の関係でおこります。

この原因となる水蒸気を一定量緩衝材としてコントロールできるのが『調湿性能』になります。

この調湿性能の『あり・なし』によって状況により結露被害の『あり・なし』と大きく明暗を分ける結果となります。

断熱性能ばかりに意識がとらわれがちですが、見方によっては『熱』をコントロールすることよりはるかに湿気対策の方が重要かもしれませんね。

前回書きました『断熱計画』と併せて湿気(結露)対策も必須となります。

実際に性能表示基準を始めとした長期優良住宅、フラット35、最近では省エネ住宅ポイント制度には、断熱性能と共に『防露』についても対策が問われます。

基本となる『気密層・防湿層・断熱層・防風層・通気層』の役割について理解されていますか?

基本となる防湿措置(湿気対策)を行い、①温度差が起こりにくい均一な断熱施工を行い、②調湿性能が一定量の水蒸気を保有して結露を回避し、③InCide PCセルロースファイバーに使用されているホウ酸:ボロン10が腐朽菌、カビ、ダニの繁殖を防止、死滅させる二重、三重の湿気対策をすることが出来ます。

自然状況で物理的現象である以上、結露をなくすことは大変困難な事です。

この結露リスクをセルロースの調湿性能を含めた特性により限りなくゼロに近づけることができるのが、InCide PCセルロースファイバーです。

InCide PCセルロースファイバーの採用、自社施工を採用の際は、地域気候を考慮してしっかりとアドバイスさせていただきます!

Q: 住居における断熱性能とは?

省エネの一端を担う断熱材ですが、ではいったい住居における断熱性能とは、どのような観点から捉えるべきなのでしょうか。

bnr_01A: 断熱材を含めた建物の性能に関する総合的な取り組みが大切です。
お客様の予算、生活スタイル、間取り、地域性、また温熱環境としては、健康・快適を考慮して、何度で生活するのか?そのためにはどのくらいの性能が必要か?その場合光熱費はどのくらいかかるか?それぞれの状況に合わせた柔軟な提案ができるかが本来の省エネルギーと考えています。

弊社では、”省エネ法対策サポート”を行っております。詳しくは下記をご参照下さい。

“省エネ法対策サポート” セルロースファイバー断熱材InCide PC 専門サイト

セルロースファイバー断熱材

incidebag

Incide PCセルロースファイバー断熱材は米国内のリサイクル新聞紙から作られています。
Incide PCセルロースファイバー断熱材は、ホルムアルデヒド、アスベスト、グラスファイバーを一切含みませんので、安心してお使いいただけます。
また、防虫、防かび効果の他にも、独自の防火処理によって難燃性を実現しています。

*アンモニアは一切使用していません。

セルロース断熱材は、様々な太さのセルロースファイバー(繊維)が絡み合う事で、無数の空気層を作り出します。また、繊維1本の中にも空気層があります。この二重構造の空気層が、高い断熱性能を引き出します。さらに、この二重構造が、高い吸音性能にもつながるのです。

セルロースファイバー断熱材の断熱効果

断熱効果

セルロースファイバー断熱材は他のファイバー系断熱材より断熱性能が高いだけでなく、吹き込み施工を行うため、セルロースファイバーを隙間、偏りなく隅々まで充填することができ、断熱・防音の性能をいかんなく発揮します。

コロラド州の建築大学(デンバー大学)では、セルロースファイバーとグラスファイバーの実際の断熱性能を試験し、以下の結果を得ました。
セルロースファイバー断熱材使用の建物は、グラスウール断熱材使用の建物に比べ、暖房のためのエネルギー消費が26.4%少なくすむ。

セルロ-スファイバー断熱材は、グラスウール断熱材より、性能が約4割優れている。

以上のような結果から、寒冷地など気候の厳しい土地ではセルロースファイバー断熱材のメッリトはさらに顕著に現れるであろうと言っています。

The Colorado Study(英文)

セルロースファイバーは、様々な太さのセルロースファイバーが絡み合う事で、無数の空気層を作り出します。
fiber
また、繊維1本1本の中にも空気層があります。この二重構造の空気層が、高い断熱性能を引き出します。さらに、この二重構造が、高い吸音性能にもつながるのです。

断熱性能データ

タープホイルは施工が簡単、アイデア次第で色々な使い方が可能です。

tarpfoil_app_Factory_small

タープホイルは、縫製も可能ですので、倉庫や工場などの広範囲に及ぶ施工面への施工も容易に行うことができ、仕上がりもとてもきれいです。

タープホイルはシート貼るだけなので施工が簡単です。リフォームDIYにも対応可能です。
また、簡単に家庭の断熱性能を高めることもできます。

防水タイプと透湿タイプの2種類がありますので、用途により使い分けができます
・シートのジョイント等にお使いいただける専用テープもあります。

鶏舎や豚舎などの畜舎へ施工することにより、ヒートストレスが軽減され生産性がアップします。

断熱材

セルロースファイバー断熱材

incidebag
Incide PCセルロースファイバー断熱材は米国内のリサイクル新聞紙から作られています。

tekiセルロース断熱材は、安心と快適を兼ね備えた健康的なエコ建材です。セルロースファイバーは自然の木の繊維。IPPがお届けするセルロース断熱材「InCide PC」は、100%アメリカ国内の新聞紙から作られています。

cell_banner_mセルロースファイバーナビは、セルロース断熱材のお役立ち情報サイトです。 断熱のこと、家作りのことなど、無料相談を行っています。

banner_syguetuインテリア秀月はセルロースファイバー断熱材の工事・施工を専門に行う、断熱工事業者です。 高い施工技術が必要なセルロースファイバー断熱工事において、多くの知識と経験に基づいた、安心・安全な施工を行っています。セルロースファイバー断熱工事を信頼のおける確かな業者に発注されたいという方は一度お問い合わせください 。