安心、満足、喜びのある商材の提供を目指します

断熱と健康・快適について

省エネルギーにおいて大前提となることが『住む人の健康』と言う観点からの理由です。

「改正省エネ基準」では、建物全体の省エネルギー性能を評価する『一次エネルギー基準』と断熱性能を評価する『外皮性能』の2つの基準が設定されています。

外皮基準を定めている理由は「家の中全体を10℃以下にしない」ことで「結露」や「ヒートショック」を防止するという意味で、省エネルギーの前に温熱環境として最低ラインを維持させる目的で外皮性能の評価があります。

この基準には、『温度』・『健康』という内容が含まれていることは知っていましたか?

日本のように寒さに対して我慢の生活をしている状況では、断熱はまずは健康を守るために必要なこととしての考えからです。

『断熱=省エネルギー』の前に『断熱=健康を考えた生活温度の維持』が前提にあることをまず理解しなければいけませんね。

交通事故死者より圧倒的に多い『寒さ』による事故死、寒さによる病気による高齢者の今後の医療費の問題などから国も断熱と健康についてさまざまな取り組みを行っています。断熱と健康に関する内容はさまざまなところで書かれてます。

冬を暖かく過ごして健康を維持(ヒートショックから身を守る)

断熱リフォームの効果

断熱改修と健康に関するデータ

ドイツなどでは『温度は人権』と言うくらいに家の中の温度に対しての意識があり、『健康・快適』に直接結びついていることをしっかり理解しています。

一方日本は、家の中の温度に関しては劣悪な環境です。寒くても我慢してしまいます。

最低温度が10℃というのは、ヒートショックへの対応や結露防止など健康を守る上での最低基準の温度です。それを確保する省エネ基準もまた最低限と言えます。

そこで弊社での取り組み『断熱設計』では、健康・快適の観点からその家で何℃で生活がしたいのか?『生活温度』に着目した断熱設計を行っています。

地域特性を考え熱収支を考え少ないエネルギー負担で目標とする生活温度を達成させる提案を行っています。

その健康・快適について考えた場合、『セルロースファイバー』の均一な断熱性、気密性、調湿、防火、防音、防虫性能など多くの優れた性能が欠かすことができません。

家の住環境が原因による事故、病気による支出を減らすことにもつながります。

2020年省エネルギー基準義務化については知られていますが、最近では、より高い断熱基準の変更やZEH(ゼロ・エネルギー住宅)の普及率50%目標など2020年に向けてより高い住宅の性能を求めた提案もされているのも事実です。

今後急速に加速していく省エネルギーは、エネルギーの削減、光熱費の削減などの前に『住む人の健康・快適』があることを忘れてはいけませんね。

弊社でも『目標とする生活温度』に向けたセルロースファイバーを使用した断熱設計の取り組みにより住まい手に健康・快適を提供できるように努めていきます。

ご興味のかある会社様はお問い合わせ下さい。

今年も役に立つ情報をもっと多く掲載できるように努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

関連記事 躯体の断熱・気密性を優先して考える理由

セルロースファイバーの『調湿性能』について

セルロースファイバーは、断熱材の用途以外にも調湿性、防火性、防虫性、防音性など大変多くの性能を併せ持った優れた材料です。

今回は、『調湿性能』について書きたいと思います。

調湿性能とは、空気中の水蒸気を温湿状況に応じて均一化を保つために吸湿したり、放湿したりする湿気(水蒸気)に関係することです。

人や建物にとっての健康・快適性、耐久性を考える上で温度と共に湿度(水蒸気量)が大きく影響をしてきます。

健康・快適性、耐久性を阻害する要因として結露、カビ、ダニの繁殖、木材腐朽菌による腐り、高湿度による不快感などはすべて温度に付随した湿気(水蒸気量)が原因になります。

主に原因となる結露は、温度と水蒸気量の関係でおこります。

この原因となる水蒸気を一定量緩衝材としてコントロールできるのが『調湿性能』になります。

この調湿性能の『あり・なし』によって状況により結露被害の『あり・なし』と大きく明暗を分ける結果となります。

断熱性能ばかりに意識がとらわれがちですが、見方によっては『熱』をコントロールすることよりはるかに湿気対策の方が重要かもしれませんね。

前回書きました『断熱計画』と併せて湿気(結露)対策も必須となります。

実際に性能表示基準を始めとした長期優良住宅、フラット35、最近では省エネ住宅ポイント制度には、断熱性能と共に『防露』についても対策が問われます。

基本となる『気密層・防湿層・断熱層・防風層・通気層』の役割について理解されていますか?

基本となる防湿措置(湿気対策)を行い、①温度差が起こりにくい均一な断熱施工を行い、②調湿性能が一定量の水蒸気を保有して結露を回避し、③InCide PCセルロースファイバーに使用されているホウ酸:ボロン10が腐朽菌、カビ、ダニの繁殖を防止、死滅させる二重、三重の湿気対策をすることが出来ます。

自然状況で物理的現象である以上、結露をなくすことは大変困難な事です。

この結露リスクをセルロースの調湿性能を含めた特性により限りなくゼロに近づけることができるのが、InCide PCセルロースファイバーです。

InCide PCセルロースファイバーの採用、自社施工を採用の際は、地域気候を考慮してしっかりとアドバイスさせていただきます!

Q: セルロースファイバーと結露の関係は?

調湿性能に優れたセルロースファイバー断熱材ですが、どのように使用すればその性能を最大限に活かせるのでしょうか?

調湿A:日本は四季があり、温度も湿度も大きく変化し水蒸気圧(量)も夏と冬では移動方向が異なりそれぞれにおいて熱の移動と共に湿気の移動のバランスも考えなければいけません。

IPPが取り扱うセルロースファイバー断熱材InCide PCの専門サイトが詳しく説明しています。
下記ウェブページをご参照下さい。

”お知らせ” セルロースファイバー断熱材 InCide PC 専門サイト

セルロースファイバー断熱材の調湿・結露防止

アメリカやイギリスなどの諸外国に比べ、日本の木造建築の寿命の短さには顕著なものがあります。
この原因の主たるものが”結露”です。

drop

そもそも結露のもとは、空気中の水蒸気。水蒸気は気温が下がることによって飽和状態になり、結露となるのです。つまり水蒸気のあるところならどこでも結露の発生する可能性があるのです。

それでは、結露を防ぐにはどうすればよいのでしょうか?

室内の水蒸気を抵抗なく、躯体内を通過させれば結露は発生しないのです。言い換えれば「透湿させれば、結露はしない」のです。

InCide PCは、リサイクル新聞紙で作られているため、無数の多孔性のセルロースファイバーが含まれています。
この多孔性により、セルロースファイバーは、周辺の湿度が高くなれば湿気を吸収し、周辺の湿度が下がれば湿気を放出します。
セルロースファイバーは空気の50倍近い密度を持ち、飽和状態で重量比20%以上の水蒸気を含むことができます。これは空気に比べて重量比で10~20倍、体積比で500~1000倍に相当します。
室内側の下地材の透湿抵抗をグラスウールを使う場合に比べて小さくすることで、室内の過乾燥と多湿を平準化できます。

InCide PCは、独自の実験の結果、重量比で15%まで吸湿しても、その性能が低下することはないとの結果を得ています。

具体的に見てみましょう。
例えば:35坪程度の木造住宅であれば:

セルロースファイバー断熱材使用量:約1,050kg
水蒸気量:1,050kg x 15% = 158kg

158kgの水蒸気を、ほぼ一瞬で吸放出して、湿度を一定に保ちます。

一般住宅で1日に放出される水蒸気量は、7~10kgと言われています。
セルロースファイバーを使用した場合、壁体内で結露水が発生することは、まず考えられません。