安心、満足、喜びのある商材の提供を目指します

夏の暑さ対策について(遮熱について)

日が暮れて外が涼しくなっても室内はなかなか涼しくならない。建物が昼間の熱を蓄熱してしまい室内に向けて放熱することが原因です。

伝導、対流、放射の3つの熱の伝わり方の中でも放射は電磁波という少し特殊なもので特に夏期は日射エネルギーの影響を大きく受けます。

基本となる断熱材は大変重要ですが今回、『遮熱』の有効性についてご紹介したいと思います。

外気の影響を受けないようにするには3つの熱の伝わり方への対応が必要です。断熱材と遮熱材は、それぞれ伝導、対流、放射の3つへの対応の得意、不得意があります。断熱材と共に遮熱材をうまく活用することにより、より断熱材が有効に働きます!

内容についてはこちら⇒夏の暑さ対策は『遮熱』と『断熱』の組み合わせが一番効率的!